記事には広告・PRを含みます

【ミニマリスト】プリンターはなくてもOK!理由や手放し方を紹介

プリンターはいらない 住まいと暮らし
マロ
マロ

シンプルで快適なミニマルライフを目指しているマロです♪

2023年、早速手放した物!!

それは…

プリンター!!

書斎で存在感を放っていたプリンターを手放しスッキリ♪

手放した理由や方法、プリンターがなくても困らないか?など紹介していきます!

この記事はこんな方におすすめ

・プリンターってなくても大丈夫?
・プリンターはどうやって手放せばよい?
・プリンターがない場合はどう工夫すれば良い?

プリンターがなくてもOKな4つの理由

マロ
マロ

我が家が、「家にプリンターなくてもOKだな」と思った理由はこの4つ!

プリンターなしでもOKな理由

①スキャンはケータイでOK!
②コピーはコンビニでOK!
③写真はコンビニ印刷orフォトブックでOK
④年賀状は外注orデジタルでOK!

①スキャンはケータイでOK!

マロ
マロ

紙の書類をデータ化したい時は、スキャンが必要ですよね?

以前はプリンターでスキャンしていたんですが、最近はケータイ(アイフォン)のメモとカメラを使ってスキャンしています♪

いちいちプリンターを起動する手間がないので、かなり楽ちん♪

ブレないようコツはいりますが、慣れれば簡単&綺麗に書類をデータ化できるのですごく便利ですっ!

②コピーはコンビニでOK!

マロ
マロ

以前はプリンターでコピーしていましたが、最近はあまりコピーする機会がなく、ほぼ使っていませんでした。

ケータイのスクリーンショットなどを利用することが多いので、紙にコピーする必要がない!

でも、どうしても紙でコピーする必要があれば、コンビニに行ってコピーすればOK!

コンビニでは、USBやSDカードなどにデータを保存して持っていけばコピーができるのでとっても便利です♪

③写真はコンビニ印刷orフォトブックでOK!

マロ
マロ

写真印刷もコンビニでできちゃうので問題なし!

最近は手軽に作れるフォトブックなどもあるので、思い出はフォトブックにまとめて残したり、データだけを残したりするのもアリだと思います♪

④年賀状は外注orデジタルでOK!

マロ
マロ

最後は年賀状!

我が家は毎年、年賀状はパソコンで作成して家のプリンターで印刷していました!

ですが今回プリンターを手放したので、今後は年賀状をデジタル化したり、必要な場合は外注して作成しようと考えています♪

プリンターなしのメリットデメリット

マロ
マロ

実際にプリンターを手放して感じたメリットデメリットはこちら!

・書斎がスッキリする
・インク代や用紙代などがかからない

・コピーや写真印刷など必要な場合はコンビニに行く必要がある
・年賀状作成は外注したりデジタルにする必要がある


プリンターなしになってからまだ年賀状作成はやったことがありませんが、コピーする機会はほぼないし、写真はフォトブックでまとめることが多いので、デメリットはあまり感じていません♪


むしろ、インク代や用紙代はなくなったし、書斎のスペースが空いてスッキリしたので、手放して良かったな〜と実感しています!

プリンターの手放し方

マロ
マロ

粗大ゴミなどで捨てることもできますが、製造年によってはリサイクルショップで売ることもできますっ!!

我が家は、「ハードオフ」の店頭買取を利用してプリンターを売りました!

ハードオフでは、家電は基本的に製造から7年以内なら買取可能なんです♪

我が家が使っていたプリンターは2015年に購入したものだったんですが、ギリギリ売ることができましたっ!

ちなみに、お値段は1750円♪

マロ
マロ

ハードオフの他にも、トレジャーファクトリーやセカンドストリートでも家電の買取をしてくれます♪
それぞれ買取可能な製造年があるので、「売りに行きたい!」と思ったらまずは製造年を確認してみるのがオススメ!

リサイクルショップ家電の買取可能な製造年
ハードオフ製造から7年以内
セカンドストリート製造から10年以内
トレジャーファクトリー製造から10年以内

物を見直してスッキリ暮らそう

マロ
マロ

いかがでしたか?

今まで主に、年賀状作成の時プリンターをフル活用していましたが、それくらいしか出番がなかったので手放してみました!

我が家はプリンターを使う頻度が少なかったので、プリンターなしでも特に困ったことはありません♪


今まで使っていたものでも、使う頻度や必要性を見直してみると「意外となくても平気だった」ということがあります♪


あるのが当たり前」「以前からな〜んとなくある」という物こそ!!

しっかり見直して「本当に必要かどうか」チェックしてみるのはいかがでしょうか?

住まいと暮らし

はじめまして。
「フランス人は10着した服を持たない」という本に登場する「マダムシック」に憧れているマロです。
すっきり凛とした暮らしを目指し、日々ブログ更新中。
このブログが「自分らしく快適な暮らし」を見直すきっかけになったり、「今より暮らしがちょっと楽しく」なったら嬉しいです。

Follow me on SNS
マロのまろやかライフ