柔軟剤って本当に必要?やめてみて実感したメリットデメリット

柔軟剤って必要?ミニマル × 暮らし

マロ
マロ

ゆったり優雅なミニマルライルを目指しているマロです♪

突然ですが、普段の洗濯では何を使っていますか?

洗濯洗剤、柔軟剤、漂白剤などなど…

先日まで我が家も使っていましたが、最近柔軟剤を使うのをやめました!

柔軟剤の必要性や役割、やめてみて実感したことなどを紹介します♪

この記事はこんな方にオススメ

・柔軟剤の役割ってなに?
・柔軟剤って必要?
・柔軟剤を使わないとどうなる?
・ミニマルな暮らしをしたい!

スポンサーリンク

柔軟剤って本当に必要?

柔軟剤って本当に必要?
マロ
マロ

柔軟剤をなんとなくずーっと使ってきましたが…
そもそもどんな役割があるかチェック!!

メリット

・衣類の風合いが良くなる
・良い香りがつく
・静電気を抑えてくれる
・花粉などがつきにくくなる

デメリット

・吸水性が下がる
・乾きにくくなる
・敏感肌の人は肌荒れの可能性がある

一番のメリットは洗濯後の衣類がふんわり仕上がること♪

大切な衣類の風合いは維持したいですよね!

また、静電気を抑えたり花粉がつきにくくなる効果があるのも嬉しいです♪



ただ、柔軟剤にはデメリットもあるんです。

吸水性が下がってしまうので、タオルや下着などは注意が必要!

また、柔軟剤を使うと衣類の乾きが遅くなるので、生乾き臭の原因になる可能性があります。

マロ
マロ

ちなみに、お洗濯の事を詳しく知ろうと思い「日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術」という本を読み学びました!
洗濯のやり方だけじゃなく、洗剤の選び方や柔軟剤の役割など分かりやすく書いてあり、すごく参考になりました!
何も考えずやっていたお洗濯ですが、見直す良いきっかけになったのでオススメです♪

スポンサーリンク

我が家が柔軟剤をやめた理由

我が家が柔軟剤をやめた理由
マロ
マロ

メリットデメリットを知った上で、我が家はやめてみることにしました!

どうして柔軟剤使わなくなったの?

・タオルや下着の吸水性を下げたくない
・洗濯物は早く乾いてほしい
・衣類の風合いを保ちたいブラウスなどあまり着ない
・柔軟剤を使わなくても洗濯方法改善で風合いを維持できる

これから暑い季節になるのでタオルや下着の吸水性を下げたくないし、洗濯物は早く乾いたほうが家事が楽だな〜と思ったんです。

それに、我が家は風合いを保ちたいブラウスなどあまり着ないので、柔軟剤なくても問題ないんじゃない?と思いました(笑)

そして、「間違いだらけの洗濯術」の本を読んで初めて知ったんですが、洗濯方法を改善すると柔軟剤を使わなくても衣類の風合いを維持できるそうなんです!!

以上の理由で、我が家は柔軟剤をやめてみました♪

スポンサーリンク

柔軟剤をやめてみた感想

柔軟剤をやめてみた感想
マロ
マロ

柔軟剤をやめて、普段の洗濯では液体洗剤だけを使っています!
実際どうだったかというと…
我が家の場合は、何も問題ありませんでした!!

柔軟剤をやめてみたら

◎仕上がりや風合いなど大きな差を感じなかった
◎タオルの吸水性が良くなった
◎洗剤置き場のスペースが広くなった
◎節約になった
◎柔軟剤独特の香りが残らず快適になった

最初、柔軟剤を使わないと「シワシワになるかな?」とか「ゴワゴワになりそう!」とかイメージしていたんですが…

実際は何も変化を感じませんでした!(笑)

我が家は普段ブラウスやシャツなど着ないので、あまり変化を感じなかったのかもしれません。

マロ
マロ

唯一感じたのは「柔軟剤独特の香りがしないな〜」ということ。

柔軟剤独特の香りが大好きー!!という方は物足りないかもしれませんが、我が家にとっては問題なし!

変な生乾きの匂いもしないし、柔軟剤がなくても快適♪

タオルの吸水性が良くなった気がするし、節約にもつながるので、我が家は今後も柔軟剤なしでお洗濯したいと思います♪

スポンサーリンク

本当に必要か見直してみよう!

本当に必要か見直してみよう!
マロ
マロ

いかがでしたか?

柔軟剤は普段何も考えず使っていましたが、見直してみると役割やメリットデメリットなどがあり、我が家の暮らしに必要なのか考える良いきっかけになりました♪


普段ブラウスやシャツなど風合いを大切にしたい服をよく着る方や、花粉が気になる方柔軟剤の香りが大好きな方などは柔軟剤を使う暮らしがあっているかもしれません。

逆に、普段ブラウスなどあまり着ない方柔軟剤の香りが苦手だったり肌が敏感な方節約やミニマルな暮らしが好きな方には柔軟剤なしの暮らしもありだと思います♪


普段何気なく使っている物も、見直してみると不要だったということもあります!

なんとなく柔軟剤を使っていた!という方は、一度必要かどうか見直してみるのはいかがでしょうか?