記事には広告・PRを含みます

キッチンスッキリ!IKEA水切りマット7つの魅力【口コミ】

キッチンスッキリ!IKEAの水切りマットの魅力【口コミ】 住まいと暮らし
マロ
マロ

シンプルでミニマルな暮らしが好きなマロです♪

突然ですが…水切りかごって使ってますか?

我が家はここ5年くらい使っていません(笑)

代わりに何を使っているのかというと…。

IKEAの水切りマット「ニーショリド」!

最近使い始めたんですが、これがすごい便利で快適だったので紹介したいと思います♪

この記事はこんな方におすすめ

・水切りかごの代わりになるアイテムが知りたい!
・IKEA水切りマットが気になってる!
・IKEA水切りマットの実際の口コミが知りたい!

IKEAの水切りマット「ニーショリド」って?

IKEAの水切りマット「ニーショリド」って?
マロ
マロ

IKEA「ニーショリド」の特徴をまとめると、こんな感じ♪

IKEA「ニーショリド」って?

・吸水性が高い水切り専用のマット
・縦半分に折り畳めてループ付き
・広げたサイズは44cm×36cm
・ブラック、ネイビー、グリーンの3色展開
・価格は299円

IKEAの「ニーショリド」7つの魅力!

IKEAの「ニーショリド」7つの魅力!
7つの魅力

・水切りかごいらず
・吸水性が高くてふわふわ
・折り畳めてループ付きだから収納もコンパクトで便利
・サイズが大きめで鍋や食器がたくさん置ける
・価格が299円でリーズナブル
・洗濯機で洗えるからお手入れ楽ちん
・乾くのも早い

マロ
マロ

水切りかごは掃除が面倒なので数年前に手放しました。笑
今までは家にあった布巾やタオルを使ってたんですが…
「大きな鍋やフライパンが収まるサイズで、かつ吸水性も高いマットが良いな〜」と思い、IKEAのニーショリドを購入!

ふわふわした吸水性が高い水切り専用のマット♪

折り畳めてループ付きなので収納も嵩張りません☆

愛用している圧力鍋や28cmフライパンもちゃんと収まるサイズなので、洗った後もノーストレスでドンッ!と置いてます♪笑

それに、洗濯機で洗っても大丈夫なので、面倒くさがりの私にとってはすごく便利っ!笑

いちいち手洗いなんて面倒だもん!

マロ
マロ

ちなみに、タグは手で千切れます↓↓
不要だな〜と思ったら、ビリビリっとすれば見た目がスッキリしますよ♪

我が家の使い方紹介

IKEAのニーショリド!我が家の使い方紹介
マロ
マロ

実際に、どんなふうに使っているか紹介したいと思います♪
汚れが目立たないし、好きな色だったので「ブラック」を選びました!

ニーショリド広げたサイズ感

広げた時の大きさは結構大きいので、愛用している28cmのフライパンもバッチリ収まります♪

収納は、我が家のキッチンはタカラスタンダードの「エーデル」でホーローなのでマグネットがくっつくんです♪

なので、IKEAのマグネットクリップで挟んで貼り付けて収納

ニーショリドの収納

本体にループが付いているのでS字フックなどにかけることもできるんですが…

うちだとキッチンの扉を開ける時に引っかかって不便だったので、半分に折り畳んで横に貼り付けるようにしました!

これならどの扉を開ける時も影響ないし、洗い物する時に準備しやすい♪

ニーショリド実際に使ってみた
マロ
マロ

私は毎日使うので、洗い替えに同じマットを2枚購入しました♪
洗った後すぐに拭くので、マットがびちゃびちゃで下まで濡れてしまう〜!なんてことにはならなかったです!

デメリットを挙げるとするなら…。

大きさがちょっと大きめなこと!かな!!

我が家のように、3人家族とかなら広げてちょど良いサイズなんですが…。

1人暮らしで、キッチンの作業台がすごくコンパクトだったり、使う食器や鍋のサイズも小さくて洗う食器もめっちゃ少ない!という人は、広げて使うと大きすぎるかもしれませんっ!

1人暮らしの方なら、半分に折り畳んだ状態で使うとちょうど良さそうです!!

便利なキッチンアイテムで、暮らしをより快適にしよう♪

便利なキッチンアイテムで、暮らしをより快適にしよう♪
マロ
マロ

いかがでしたか?

水切りかごの代わりは、家にあるタオルとかでも良いんですが、より快適な暮らしを目指して吸水マットを購入しました♪

IKEAのニーショリドのおかげで、28cmフライパンを洗った後も一時置き場としてきちんと収まるので、ノーストレス☆

買ってよかったな〜と思ってます♪

今よりも快適な暮らしを目指して!

キッチンアイテムを見直してみるのはいかがでしょうか?

住まいと暮らし

はじめまして。
「フランス人は10着した服を持たない」という本に登場する「マダムシック」に憧れているマロです。
すっきり凛とした暮らしを目指し、日々ブログ更新中。
このブログが「自分らしく快適な暮らし」を見直すきっかけになったり、「今より暮らしがちょっと楽しく」なったら嬉しいです。

Follow me on SNS