おしゃれ

【服を断捨離する7つの基準!大切な事は今の自分を軸に考える事】

  1. HOME >
  2. おしゃれ >

【服を断捨離する7つの基準!大切な事は今の自分を軸に考える事】

私も夫も、定期的に服の見直しをしています。季節の変わり目にチェックして、1シーズンでの活躍を振り返って断捨離を検討することが多いです。服を見直す時は、試着などをして1つ1つの服と向き合うようにしています。

今回は、ミニマリストな私たち夫婦が服を断捨離する際、1番大切にしていることと7つの基準を紹介します。

断捨離基準7つに共通する一番大切なことは「今の自分」

私たち夫婦が服の見直しをするとき、断捨離する基準として7つの事をチェックしています。その7つ全てに共通する最も大切なことは、「今の自分」が軸にあるということです。昔好きだった服や昔似合っていた服などあると思いますが、「今の自分」はどう感じるのか、「今の自分」は似合っているのかという目線で服と向き合うことが1番大切だと思っています。服を着るのは常に「今」の自分なので、軸を「今の自分」にして7つの基準をチェックしています。

服を断捨離する7つの基準

7つの基準

  1. 着ることができない服
  2. 清潔感が失われた服
  3. ワンシーズンで1度も着なかった服
  4. 似合わない服
  5. いつ着るか分からない服
  6. 他と合わせるのが難しい服
  7. 大切な人と会う日に着たいと思わない服

1 . 着ることができない服

まずチェックしているのは、「着ることができるかどうか」です。妊娠や出産などの特別な時期を除いて、サイズが合わず今の自分が着ることができない服は真っ先に断捨離しています。痩せたら着よう!と思う服があった場合も一度断捨離した方が良いと思っています。理想の体型になったら、古い服を着るよりその時自分に一番似合う服を購入して着た方が素敵だと思うからです。服の流行や自分の好み・暮らしは変わっていくので、「今」の自分を基準にすることを大切にしています。

2 . 清潔感が失われた服

お気に入りの服も、たくさん着ればいたんできます。しみや汚れ、毛玉など、清潔感が失われてしまった服は断捨離して、新しく服を購入するようにしています。服をリニューアルしていき、常に清潔感のある素敵な服を着ていたいと思っています。

3 . ワンシーズンで1度も着なかった服

我が家は季節の変わり目に服のチェックをします。夏服であれば、夏が終わる9月〜10月、冬服であれば、冬が終わる3月〜4月にチェックしています。そうすれば、その季節にたくさん着た服と、そうでなかった服が分かるからです。私の場合は、クローゼット管理アプリJUSCLOで服のコーディネートを登録しているので、服の使用頻度が分かるようになっています。1シーズンで1度も出番がなかった服は、今後も出番はないと思うので断捨離しています。

関連記事...【クローゼット管理アプリJUSCLOで買い物上手】
JUSCLOはクローゼット管理だけでなく日々の買い物にも役立ちます。アプリのメリットデメリットや特徴について紹介します。

4 . 似合わない服

服を着てみた時「なんだかしっくりこない」「なんか違うな」と感じた服は、断捨離するようにしています。試着した時感じる違和感は、今の自分に似合わない服の可能性があるからです。また、自分に似合う服・似合わない服というのは、パーソナルカラー診断や骨格診断で知ることもできます。自分に似合う服を着ると、とてもしっくりきてお気に入りのコーディネートになりたくさん着回します。しっくりこない似合わない服は着る頻度が少なくなっていくことが多いです。「しっくりこない」「似合わない」と感じた服は断捨離し、自分に似合うお気に入りの服だけでコーディネートを楽しみたいと思っています。

似合う服を知りたい時は?

自分に似合う服を知りたい時は、パーソナルカラー診断骨格診断を受ける事をおすすめします。
パーソナルカラー診断では自分に似合う「色」、骨格診断では自分に似合う「スタイル」が分かり、服だけではなくコーディネート全体の参考になります。
私が受けた大丸松坂屋のファッションナビはとても丁寧に詳しく結果を教えてくださったのでおすすめです。専用アプリの会員登録と事前予約が必要ですが、専門のスタッフの方のアドバイスはとても参考になりました。
大丸松坂屋、ファッションナビはこちら

関連記事…【パーソナルカラー診断〜自分に「似合う色」を知る〜】

実は、生まれ持った肌の色によって自分に似合う「色」があります。私がパーソナルカラー診断を受けて実感したことを綴った記事です。

関連記事…【骨格診断〜自分に「似合うスタイル」を知る〜】
骨格診断を受けると、自分に似合う「スタイル」が分かります。私が骨格診断を受けて実感したことを綴った記事です。

関連記事…【似合わない服を着たい時の対策:骨格・パーソナルカラー診断】
パーソナルカラー・骨格診断で「似合わない」とされた服が大好きだった場合、無理に断捨離せず、工夫次第でしっくりくる着こなしに近づけることができると思います。私が似合わない服を着たいとき、どのような対策をしているか紹介します。

5 . いつ着るか分からない服

服を見直ししていく中で、これを着ていきたいと思う場面がパッと思い浮かばないような服は断捨離を考えます。思い浮かばないということは、今後も使う場面はこないことが多いと思っているからです。
私の場合は以前200着ほど服を持っていた頃、少し前に流行した派手な花柄レギンスを持っていました。その時、今この服を着てどこに行こうかなと考えたところ、着ていきたいと思う場面が思いつきませんでした。いつ着る服なのか場面が思い浮かばない時は、断捨離を考えるようにしています。

6 . 他と合わせるのが難しい服

手持ちの服やカバン、靴と合わせた時、うまくコーディネートできずクローゼットから浮いてしまうような服は断捨離するようにしています。合わせることが難しい服は、だんだん選ばなくなっていき、最終的には着ない服になってしまうからです。どの服と合わせようかなと考えた時に迷ってしまう、好みのコーディネートが浮かばない場合は、断捨離を考えます。

7 . 大切な人と会う日に着たいと思わない服

服を見直す時、最後にいつも自分に問いかけていることがあります。それが「大切な人と会う日に着ていきたい服かどうか」ということです。家族や友人、職場の仲間など、自分が大切に想っている人たちに、その服を着て会えるか、または会いたいか。そう考えると、断捨離しようか迷ってしまった時も「ハッ」とすることが多いです。
自分がどうなりたいのか、大切な人にどんな自分を見せたいのかという視点から考えると、今の自分にとって本当に大切な服が見えてくると思っています。

服をお気に入りだけにして、オシャレを楽しもう

今回ご紹介した7つの基準は、私たち夫婦が服を見直す時考えていることです。1つ当てはまったからと言って、すぐに手放さないといけないわけではありません。整理整頓や衣替えなどで服を見直す時、参考にしていただけたらと思っています。もし当てはまる服があった場合は、「今からどんな自分になりたいか」をしっかり考えて決めることが大切です。
「今の自分」を軸に、様々な角度で服と向き合うと、自分が本当に大好きで大切な1着を選ぶことができると思います。

これからも、お気に入りの服だけのクローゼットで、オシャレを楽しんでいきたいと考えています。

-おしゃれ
-

© 2020 マロのまろやかミニマルライフ