おしゃれなミニマルライフ

【しっくりくる白シャツの選び方4つのポイント】

  1. HOME >
  2. おしゃれなミニマルライフ >

【しっくりくる白シャツの選び方4つのポイント】

スポンサーリンク

マロ

↓この音声ファイルで気軽にブログをきいてみてね♪

私は、「ミニマリストと言えば白シャツ」というイメージがあり、白シャツをカッコよく着こなすのが素敵だな〜と思っていました!
しかし、いざ自分が着てみるとなんだかしっくりこなかったんです(苦笑)
最初は白シャツを諦めて他のお気に入りの服ばかり着ていましたが、最近ようやくしっくりくる白シャツに出会い、白シャツデビューしました。

今回は私が実感した、しっくりくる白シャツを選ぶときのポイントについて紹介します。

「白シャツを着たいのにしっくりこない」という方の参考になれば幸いです。

白シャツ選びのポイント4つ

私がお気に入りの白シャツを選ぶために気をつけたポイントが4つあります。

ポイント

①サイズ感
②素材
③色
④襟の大きさと形

①サイズ感

私は服を選ぶ時、何も考えずにとりあえずレディースのMサイズを試着していました。
でも、なかなかしっくりこなかったんです。
そこで、1サイズ〜2サイズ大きいものを試着してみることにしました。
すると…あれ?なんだか雰囲気が変わった!今まですごく真面目な印象だったけど、オシャレな雰囲気に変わってる!

しっくりこなかったのは、サイズがぴったりのものばかり着ていたからでした。

自分に似合う白シャツを探すときは、
ぴったりサイズ、ちょいゆるサイズ、オーバーサイズを着てみて、しっくりくるサイズ感を選ぶことが大切だと思います。

②素材

自分に似合う白シャツを選ぶには、素材にも注意が必要だと思います。
リネン、コットン、ポリエステルやレーヨンなど、素材によって印象はそれぞれ違います。

私の場合は、ずっとコットン素材の白シャツばかり試着していて、他の素材を着ていませんでした。
素材に目を向けて色々探した所、私にはポリエステルやレーヨンのサラッとした生地が一番しっくりくることがわかりました。

また、同じ素材でも肌触りが違っていたり、手にとった時と着た時のイメージが違っていたりする事もあるので、様々な素材の違う白シャツを試着してみて、自分に一番しっくりくる素材を選ぶと良いと思います。

③色

白シャツを選ぶときに色を気にしたことはありませんでしたが、パーソナルカラー診断を受けてからは色も気にするようになりました。
パーソナルカラー診断で、「白」という1つの色の中にも「自分により似合う色がある」ということを学んだからです。

私の場合は、漂白されたような白やグレーがかったオフホワイトよりも、アイボリーやオイスターホワイトと呼ばれる「黄色味がかった白」が似合うタイプでした。
以前しっくりこなかった白シャツは、漂白されたような真っ白な色をしていて、私に似合う白ではなかったんです。

そこで、白シャツの色も真っ白やグレーのような白ではなく少し黄色味がかった白を選んでみました。
すると顔色が明るく見えて、とてもしっくりきました。

同じ「白」という色でも、「自分に似合う白」を探してみると、しっくりくる白シャツが選べるのではないかと思います。

④襟の大きさと形

白シャツと言っても、襟の形や大きさは様々なタイプがあります。
襟があるスタンダートな形、襟がボタンでとまっている形、襟がなくクルーネックの形、襟がなくスッキッパータイプの形、襟が大きいタイプ、襟が小さいタイプなど。

その中で、自分に似合う襟の形や大きさを選ぶことで、しっくりくる白シャツを見つけることができると思います。

私は、襟があっても大きすぎないスタンダードな形が好きで、そのタイプの白シャツを探しました。
というのも、好みの形だったこともありますが、以前受けた骨格診断でも「大きすぎないけどしっかり襟があるシャツが似合う」という結果だったからです。
試しに襟のないクルーネックのような白シャツを試着してみたことがありますが、全然似合わないし、自分でも違うなと感じました。

白シャツを選ぶ際には、色々なタイプの白シャツを試着してみて、自分に似合う襟の形や大きさを選ぶと良いと思います。

一番しっくりくる白シャツを選ぼう

最初はしっくりこなくて着ることを諦めていた白シャツですが

ポイント

①サイズ感
②素材
③色
④襟の大きさと形

この4つのポイントを意識して、最近やっとお気に入りの白シャツを見つけることができました。

私のように、「白シャツが着たいけどしっくりこない」という方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

-おしゃれなミニマルライフ

© 2020 マロのまろやかミニマルライフ