暮らし

【ミニマリストを目指してから変わった5つのこと】

  1. HOME >
  2. 暮らし >

【ミニマリストを目指してから変わった5つのこと】

私は1冊の本を読んだことがきっかけで、ミニマリストに興味を持ちました。
少しずつ物と向き合い、自分に必要かどうか、大切なのかどうかを考えるようになり、たくさんの変化がありました。

今回は、私がミニマリストを目指してから変わったことについての記事です。

ミニマリストを目指して変わった事

変わったこと

①家の中も心の中もスッキリした
②物を買うときじっくり考えるようになった
③以前よりも節約が上手になった
④経験に価値を感じるようになった
⑤自分のやりたい事をやるようになった

①家の中も心の中もスッキリした

1つ1つの「物」と向き合い必要なものや大切な物を選んでいくと、物が減って家の中はスッキリしていきました。

そして、だんだん自分がしっかり選んだ物だけになっていくと、お気に入りだけの空間が広がっていきとても心地よい幸せな気持ちになっていきました。

私は最初、物の数が減って家の中がスッキリすれば、掃除が楽になる!くらいにしか考えていませんでしたが、実際はミニマリストを目指す前よりも、気持ちが晴れやかになって、家の中も心の中もスッキリしました。

②物を買うときじっくり考えるようになった

ミニマリストを目指し、物としっかり向き合うようになってからは、物を買うときにしっかりと考えるようになりました。

以前は、気になった洋服の色違いを2枚買ったり、迷ったらとりあえず買っておこうという考えでしたが、「とりあえず買う」ということがなくなりました。
「本当に必要かな」と何度もじっくり考えて購入すると、買い物の失敗も、物がどんどん増えてしまうことも、衝動買いも減りました。

③以前より節約が上手になった

物と向き合い、「本当に必要かな」とじっくり考えてから物を買うようになったので、結果的に以前より節約上手になりました。

洋服や靴、日用品などの他に、食料品もしっかり必要な物だけを考えて購入するようになったので、以前より食べ物を無駄にすることが減りました。

④経験に価値を感じるようになった

物と向き合って、必要で大切な物を選んでいくと、「大切な物」は「大切な思い出」でもあることに気がつきました。

「物そのもの」というよりも「経験や体験などの思い出」が大切なんだなと感じて、最近では、ちょっとしたお祝いや贈り物も「体験」をプレゼントすることが多くなりました。

⑤自分のやりたい事をやるようになった

「自分に本当に必要なもの」を選んでいく中で、「物」だけではなく、「自分の生き方」についても考えるようになりました。

今とこれからの自分に必要な事を考え「なりたい自分になるために、私がやりたいと思っている事を素直にやろう!」と思い、やりたい事をしっかり考えてやるようになりました。

これからもミニマルに

ミニマリストを目指すようになってから、気持ちや考え方などたくさんの変化がありました。

自分が本当にやりたい事、本当に必要な事を考え、これからも楽しくミニマルにいきたいと思っています。

-暮らし

© 2020 マロのまろやかミニマルライフ