おしゃれ

【30代ミニマリスト主婦が愛用するバッグ一覧】

  1. HOME >
  2. おしゃれ >

【30代ミニマリスト主婦が愛用するバッグ一覧】

私はバッグがとても好きで、以前は20個持っていました。しかし、20個あっても結局お気に入りの物ばかりよく使うので、きちんと見直して断捨離をしました。

今回は、私が2回の断捨離をし、現在愛用中のバッグを紹介します。

2回の断捨離で20個から9個へ

バッグの断捨離は今まで2回やりました。

1回目は、痛んでいるバッグやほとんど使っていないと感じたバッグを手放し20個から14個に減りました。
1回目の断捨離後、結婚式でもプライベートでも使えるバッグが必要だと感じ、PORTER GIRLのクラッチバッグを購入しバッグは15個になりました。

2回目の断捨離は1回目から1年ほどたった後にやり、この1年間で出番が多かったバッグのみを残し、その結果9個になりました。

愛着がありなかなか手放す事ができなかったバッグですが、時間をかけて「今」の自分に必要なのかどうかを見極めて、じっくり選んでいます。最後に購入したバッグはPORTER GIRLのクラッチバッグで、もう2年以上前に購入した物ですが、普段はもちろん結婚式でも大活躍しているお気に入りバッグです。

今後も自分の暮らしに必要で大切なバッグを厳選し、定期的な見直しをしていくつもりです。

2020年夏の愛用バッグ

バッグ一覧

・PORTERのボストンバッグSサイズ(ブラック)
・PORTER GIRLのクラッチバック(ホワイト)
・コーチのハンドバッグ(ネイビー)
・マイケルコースのショルダーバッグ(ホワイトとベージュのツートーン)
・ケイトスペードのリュック(ブラック)
・ケイトスペードのA4が入るラージトート(ホワイトとブラウンのツートーン)
・ラナイトランジットのPICCOLOショルダーバッグ(ホワイト)
・レスポートサック×ツモリチサトコラボ ミニバッグ

・ホテルミラコスタ宿泊者限定バッグ(グリーン)

どれも思い入れのある大切なバッグで、現在愛用しているバッグです。

PORTERのボストンバッグは私が高校生の時にアルバイトをして購入した物で、今でも綺麗な状態で使う事ができています。子供を連れて公園に行くときや、ペットボトルを持ち歩きたい今の時期はサイズがちょうど良く、頻繁に使用しています。吉田カバンはとても丈夫で使いやすいと実感しました。
また、PORTER GIRLのクラッチバッグも大好きで、結構容量が大きくて便利です。いろいろなクラッチバッグを探しましたが、これが一番しっくりきたので、わざわざ取り寄せをして購入しました。

ブランドのバッグは、自分へのご褒美で購入したものやハワイで購入したもので、愛着もありお出かけの時に使っています。最近では、子供と買い物に行く時ベビーカーを使うので、両手があくケイトスペードのリュックをよく使用しています。

私が持っているバッグの中で一番小さいのが、ラナイトランジットPICCOLOショルダーバッグです。お財布とケータイと鍵くらいしか入らないのですが、ちょっとした外出ならこれで十分です。とても小さいので、外出時も身軽で楽です。

レスポートサックのミニバッグは頂いたもので、ツモリチサトさんとのコラボバッグです。サイズは小さめで、とても軽いのが魅力です。現在は、子供のおむつやミルクなどのお出かけグッズを入れて使っています。このミニバッグと、自分の貴重品などを入れたバッグを併用して外出する事が多く、最近はケイトスペードのリュックかラナイトランジットのミニショルダーと一緒に使用する事が多いです。

ホテルミラコスタ宿泊者限定バッグは、大好きなディズニーホテル、ミラコスタに宿泊した時に購入したバッグです。ミラコスタの限定バッグは私が大好きなグリーンでとても気に入っています。最近あまり使っていなくて断捨離を検討中だったのですが、つい先日大きい荷物を入れる必要があった時に、一番大きいこのバッグが大活躍しました。
私が持っているバッグの中で一番大きいサイズで、荷物が多い時にとても助かったので、手放す事は見送りました。

バッグは数ではなく収納場所を決めた

2度の断捨離をした結果、現在の私は9個のバッグを愛用中です。どれもお気に入りで、大切にたくさん使っています。ミニマリストになり、バッグの数を10個や5個など定数化しようと思ったこともありました。しかし、お気に入りで大好きな物は無理に断捨離ぜずたくさん使っていきたい、子供の成長や暮らしの変化によって必要なバッグ・必要な数も変わると思い、数にこだわることはやめました。

数を決めない代わりに収納場所を決めて、我が家の場合は衣装ケースの1段に入るだけと決めています。家族で3段の衣装ケースを使っており、私・娘・夫、それぞれ1段ずつバッグを入れるスペースにしています。

数を決めて定数化すると、数を一定に保つ事ができ、1IN1OUTを常に心がける事ができます。一方、収納場所のサイズを決め上限を決めた場合は、数は増減しますが収納場所のサイズは変わらない為、無闇に増えすぎて収納場所の上限を超える事はありません。

自分にとって定数化するのが良いのか、それとも数にこだわりすぎず収納場所のサイズを決め上限を決める方が良いのか、無闇に物を増やさないために自分の暮らしに合った工夫を考えて選んでいく事が大切だと思います。



-おしゃれ

© 2020 マロのまろやかミニマルライフ